« シニアのための保険見直し講座(その1) | トップページ | 定年退職とは »

シニアのための保険見直し講座(その2)

 前回のシニアの保険見直しのポイントは、保険の重点を死亡保障から、医療保障にシフトすることだと申し上げました。

 今回は医療保障へのシフト方法について、具体的に説明いたします。

 最初の方法は、現在の保険のリフォームです。現在の保険をチェックし、死亡保障額を必要な範囲に削減します。定期保険特約を解約したり、基本契約の保険金額を減額しましょう。一方、医療保障特約をチェックし、保障内容が不十分な場合は、拡充しましょう。その時医療保障が終身になっているか、将来特約保険料が大幅にアップしないかを確認します。

 二番目の方法は、現在の保険を解約するか、最小限のものにし、新たに医療保険に入ることです。この場合も医療保障が終身になっているか、将来特約保険料が大幅にアップしないかを確認します。

 三番目の方法は、現在の保険の解約返戻金を活用することです。現在の解約返戻金の金額を確認し、ある程度の金額になっていたら、そのお金は病気になった時に医療費、入院費用等に使用するために確保しておくと決めて、保険は解約することです。

 各人の事情や考え方は異なりますので、まず自分で考えてみてください。保険の仕組みや内容がよく分からず、自分で判断できない時は、ファイナンシャル・プランナーに相談するのも方法です。

   ~住まいとお金の相談ネット・ブログより再掲載~

|

« シニアのための保険見直し講座(その1) | トップページ | 定年退職とは »

「元気なシニアのコンサル日記.」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« シニアのための保険見直し講座(その1) | トップページ | 定年退職とは »