« 介護負担とライフプラン | トップページ | シニアのための保険見直し講座(その2) »

シニアのための保険見直し講座(その1)

定年前後のリタイアメント生活について、ご相談を担当し、気がついたことに、
保険の見直しには、関心があるが、どうすればよいか分からない方が多いことです。

定年を迎えるころには、子供様も学校を卒業し、社会人として一人立ちしているケースが多いと思います。

私たちが、生命保険に入るのは、自分が不幸にして死亡したり、健康を害して病気療養が必要になった時、医療費・入院費、家族の生活や子供の教育費を補うためです。

子供様が学校を卒業し、社会人になったら家族への責任はいっぺんに軽減されます。死亡保障は、殆どいらないということです。

一方、加齢とともに病気になりやすくなり、病気した場合の入院期間も長くなる傾向です。そこで、重点は医療保障や介護への備えとなって来ます。

子供様が学校を卒業したら、保険の見直しを考えましょう。
 (次回へ続く)

~住まいとお金の相談ネット・ブログより再掲載~

|

« 介護負担とライフプラン | トップページ | シニアのための保険見直し講座(その2) »

「元気なシニアのコンサル日記.」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 介護負担とライフプラン | トップページ | シニアのための保険見直し講座(その2) »