« 最近の投資信託事情 | トップページ | 年金と確定申告 »

子育てはいつ卒業できるのか?

退職を迎える世代にとって、
いつまでも気になるのは子供のことかもしれません。

たまに、ご相談者自身で人生設計ノートを書いている方がいらっしゃって、
それを見せていただきます。

「子供が23歳になったら教育費は終わり!」 と書いて、そこから自由な生活を描いておられます。

一方でFPである私は、「大丈夫だと思いますが、ちょっと慎重に見ておいたほうが良いですよ」とアドバイスしています。決して悲観的な意味ではなく、可能性を考えておくという意味です。というのは・・・。

 ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ 

日本経済新聞社の調査(2005年6月)によると、
50代~60代の未婚の子供を持つ父親を対象に調査をしたところ、
『我が子の自立が自分の時より遅くなりそう(遅かった)』
と答えた方が54.3%と半数を超えていたそうです。

 ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ 

約2年前の調査なので景気が回復して、就職の条件も良くなってきたと思います。現実の数字はやや下振れしているかもしれません。

でも、子供たちの考え方が日本の制度や社会(企業)に対して否定的になってきていることも事実です。いわゆるフリーター・ニートを選択する現象です。

たとえ、そうでなくてもえ前向きに、
「日本の教育はダメ。海外で勉強したい。」
突然留学を言い出すケースもあります。

通り一辺倒の生活設計で考えてしまうと、リスクを伴うことがあるのです。

その方にとって、
「子育てがどうなりそうなのか?」 
「海外に留学したり。2年程度独立が遅れても費用は賄えるかどうか?」
実際の可能性を確認しながら、資産設計に落とし込むことが大事です。

そこまで確認して初めて、
将来の生活資産の自由度を判断できると思います。   /staff (yamashita)

[注]広告はブログの仕様により、本サイトの内容とは関係なく表示されています。

|

« 最近の投資信託事情 | トップページ | 年金と確定申告 »

「生活設計ナビの独り言。。」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 最近の投資信託事情 | トップページ | 年金と確定申告 »