« 長岡京市での講演 | トップページ | 年金を受けられる資格、ご存知ですか? »

最近の銀行・郵便局などに思う

 本日の新聞に、公正取引委員会より、新生銀行に景品表示法違反に基づく業務改善命令が出されるとの報道がありました。
 詳細は新聞をご覧下さい。

 金融自由化に伴い、銀行や郵便局で、色々な金融商品が、販売されるようになりました。しかし、従来、銀行や郵便局に預ける資産は、元金が保障され、安全だから預けていたのではないでしょうか。また株式などのリスク商品を購入したことのないお客様が大多数ではないでしょうか。
 つまり、銀行や郵便局にお客様が期待するのは、仮に低いリターンであっても、リスクの低い金融商品であり、お年寄りや投資経験のない人たちが大多数だとしたら、分かりやすい金融商品ではないでしょうか。

 しかし、銀行や郵便局は、投資信託や年金保険など、販売手数料の高い金融商品に力を入れているように思われます。これまで、銀行や郵便局を愛顧してきたお客様の期待に沿う商品を、積極的に開発・販売して欲しいと思います。

 なるほど、経済環境は好調に推移しています。地価も上昇基調です。しかし、景気が減速局面になれば、株価、地価も下がる可能性があります。その時には、投資信託や不動産投信(REIT)の価格も下がります。銀行や郵便局は、元金は安全と思い、長い間お付き合いしてきたお客様の批判に耐えられるでしょうか。

 証券会社のお客様は、株価などのリスク商品は、値上がりもするし、値下がりすることもあるということを、長い経験のなかで良く理解しておられます。それでも、株価の低迷期に入ると、証券離れするのが現実です。

 将来、金融自由化下での、銀行や郵便局の経営スタイルが評価されることになるでしょう。   /staff (fukuyama)

[注]広告はブログの仕様により、本サイトの内容とは関係なく表示されています。

|

« 長岡京市での講演 | トップページ | 年金を受けられる資格、ご存知ですか? »

「元気なシニアのコンサル日記.」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 長岡京市での講演 | トップページ | 年金を受けられる資格、ご存知ですか? »