« シニア住宅 | トップページ | 郵政公社の国債販売 »

退職時の税金はお得?

退職金にかかる税金ですが、他の収入に比べてかなり優遇されているのをご存知でしょうか?今日はそのポイントを整理しておきたいと思います。

 退職所得の金額=(退職金額-退職所得控除額)÷2

退職所得の金額の求め方は上の通りになり、この結果に税率が掛けられて税金が算出されます。

退職所得ならではメリットは3つあります。

1. 勤続年数に応じて退職所得控除額が設けられていること
          ※退職所得控除額とは税金をかけない部分を指します。
 退職所得控除額
  ・勤続年数20年以下:40万円×勤続年数  
  ・勤続年数20年超:800万円+70万円×(勤続年数-20年)

  ※勤続年数で1年未満の端数は切り上げします
  ※最低80万円です

2. 2分の1課税であること

  原則は収入金額から所得控除額を引いた額に課税の対象という
  考え方ですが、退職所得の場合は所得控除額を引いた額の半分
  しか税金を掛けないということです。

3. 分離課税であること

  他の所得と合算されるのと違って、その所得内で税金の計算が完結されます。
  分離というのは課税総所得に参入されないということです。
  具体的なメリットがピンとこないかもしれませんが、たとえば国民健康保険料の算定で所得比例方式が使われているところが多いですが、その算定基準となる所得としてはみなされず影響は受けません。
  
退職金が多ければ有利な税制であるといえます。
1.のような(大きな仮の)控除額が認められていますし、
なによりも 2.のように1/2されることが効いています。
最高の税率は所得税、住民税を合わせて50%ですから
その場合でも25%の税率になるということです。

具体的に簡単な早見表を作ってみました。 退職を控えている方はご参考ください。

Photo_2

最後にひとこと。
退職金における”有利な”税制も今後は変更があるかもしれません。
財政は苦しいですから、このあたりの改正が話題に上る可能性はあります。
退職がまだまだ先の方は注意をしておいてください。 /staff (yamashita)

[注]広告はブログの仕様により、本サイトの内容とは関係なく表示されています。

|

« シニア住宅 | トップページ | 郵政公社の国債販売 »

「生活設計ナビの独り言。。」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« シニア住宅 | トップページ | 郵政公社の国債販売 »