« 人生の岐路とファイナンシャルプラン | トップページ | 年金の問題から見えてくるもの(組織論 から) »

6月1日への想い

今年も6月1日という日がやってきます。

「さて、何の日でしょう?」と問い掛けられても.....
特にコレという答えは出てこないでしょう。

「夏服へ衣替えする日?」ぐらいですかね? ちょっと調べてみたところ、
 電波の日(電波法が制定された日)
  気象記念日(気象観測が始まった日)
だそうです。語呂合わせの日でもないですし、結構地味な日なようです。

ところが...私にとっては特別な日なのです。

FPの仕事を始めた日。正確には2004年6月1日が
有限会社アズ・ユア・プランナー(意味:あなたのためのプランナーとして)
の誕生日になります。
10個ほど考えた社名の中で最後は家族が私のイメージで決めてくれました。
「アズ(as=として)」というスタンスが大事なポイントだということです。

あれから、まる3年が経とうとしています。

振り返るとすべてゼロから出発したことを思い出します。

「ファイナンシャル・プランナー(FP)という専門家への相談が世間で根付くのか?」
「金融機関や住宅関係に勤務した経験がないが不利ではないのか?」
「どうやってお客様に自分を認知してもらえるのか?価値を認めてもらえるのか?」

そのようなことを絶えず自問自答しながら、あれやってこれやってと試行錯誤しながら
活動してきました。まずは友人・知人への開業の挨拶と仕事の打診、各地での自主
セミナー開催、数千戸へのポスティング、駅前でのビラくばり、専門家が集まる勉強会への参加と挨拶、各機関での相談員(殆どボランティア)、コラムの執筆...

最初はなかなか上手くいかず、色々と悩みながら動き回るうちに、
自然と自分の仕事スタイルが出来てきて、一番大事なお客様とのお付き合いが
始まっていました。

また、幸運にも同じ考え方で同じスタイルの仕事仲間に巡り合えることができました。

遥か遠い昔から想っていた「いつも自分はお客様の役に立つ仕事をしていたい」
のイメージが出来上がったきたような気がします。

ライフスタイルの多様化・情報とサービスの供給過剰・個人中心の考え方という
時代背景も追い風になりました。

「販売者側の視点での専門的な解決」から「消費者側の視点に立った包括的な解決」
が求められるようになりました。

さらに、世の中には総合的で長期的な視野に立って問題解決を図れる専門家が
以外と少ないことにも気付きました。

今それをこなせるのが独立系FPではないか?と思っています。

「石の上にも3年」といいますが、FPという仕事が自分にとって筋の通ったものである
以上はまだまだこれからも頑張って行きたいと思います。

ここまで支えてくれた家族と仲間。
そして、お会いできたお客様に感謝します。     /staff (yamashita)

[注]広告はブログの仕様により、本サイトの内容とは関係なく表示されています。

|

« 人生の岐路とファイナンシャルプラン | トップページ | 年金の問題から見えてくるもの(組織論 から) »

「生活設計ナビの独り言。。」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 人生の岐路とファイナンシャルプラン | トップページ | 年金の問題から見えてくるもの(組織論 から) »