« 親子2世帯でライフプラン | トップページ | 高齢者世帯の住まいと変化の兆し »

サービスとしてみた年金制度

>全ての年金加入者・受給者に納付履歴通知…社保庁が検討
>
>社会保険庁は25日、08年度にすべての年金加入者・受給者計約1億人に、
>現時点での詳細な納付履歴を通知する検討を始めた。
>納付履歴は当初、受給者と一部の加入者らにのみ通知する予定だった。
>(2007年6月26日 読売新聞)

このニュースを見て、ほとんどの人はため息をついたのではないでしょうか?
自分が払ってきた年金保険料がどのような記録になっているのか?
いままで通知されてこなかったことが本当に不思議です。

もし民間の金融機関だったら....皆さんどう感じるでしょう。
誰もお金を預けに行こうとは思いませんね。

たとえば、
⇒定期的な残高報告書の送付、当たり前です。
⇒通帳の発行や記入ができる、当たり前です。
これが本来のサービスです。

年金制度はまるで中身が判らない貯金箱のようでした。
「いくら貯まっているのかわからないけど毎月入れている」
という感覚で長らく運営されてきたのです。

私たちの【将来の生活用資金】がです。

しかも数年前までは「58歳にならないと正確には解らないんですよ。」
に対して、「ああ、そうなんですか。」というのが普通の制度でした。
ウーン、これも不思議です!

貯金箱にも例えると、いざ割ってみたら...頑張って入れてきたお金
が全然貯まっていなかったということが起こりえています。

「年金制度=サービス」としてみた場合、ありえないものです。
民間企業ならば市場から即退場を余儀なくされているはずです。

いかがでしょうか。

しかし、世の中は矛盾があれば、何年掛かってもやがては是正をされて
いくという法則はあります。年金制度も然りだと信じたいです。

はい。プラス思考で考えてまいりましょう。

かなり遅い感はありますが、当たり前のシステムが出来あがりそうです。
システムがスタートすると、あちこちで「そんなはずはない!」という大混乱が
予想できますが、長い目でみると収まっていくはずと考えます。

自分の納付記録を知る。その内容が正しいかをチェックする。
それを元に老後の生活設計(リタイアメントプラン)を立ててみる。
どれぐらい足りないのか、どうしたら補えるのかを考えてみる。

⇒私たちも当たり前のことにやっていなかったのです。

この問題をきっかけに、国民1人1人がリタイアメントプランというものに
気付いて、しっかりと見つめて、関心を持って取り組んでいく...
その流れもやがて当たり前のことになるでしょう。 /staff (yamashita)

[注]広告はブログの仕様により、本サイトの内容とは関係なく表示されています。

|

« 親子2世帯でライフプラン | トップページ | 高齢者世帯の住まいと変化の兆し »

「生活設計ナビの独り言。。」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 親子2世帯でライフプラン | トップページ | 高齢者世帯の住まいと変化の兆し »