« 長生き時代のライフプラン | トップページ | 「投機」と「投資」は違います!! »

セカンドライフの住まい

団塊世代が大量に退職する時期を迎え、田舎暮らしや海外ロングステイに関する報道記事やテレビ番組が増えてきています。旅行会社なども海外旅行に飽き足らない人に海外ロングステイの企画を紹介しています。

私たちの人生の中で、生活の場を何処に置くのかを決めることの出来る時期が何回かあります。

 まず最初は就職する時です。東北地方や九州で育った人人たちが、学生生活をおくった東京や大阪などで就職したり、あるいは故郷に帰って就職したりしています。

 就職した場所で、その人の人生は大きく影響を受けます。そこで、生涯の伴侶と出会い、家庭生活のスタートをきることになります。

次に、マイホームを購入する時です。子育てをし、子供たちを通した近隣とのつながりが出来たりしていきます。そこに永住し、一生をおくることになることも多々あります。

そしてセカンドライフを迎える時期です。子供の教育は終わり、社会人として一本立ちすると再び夫婦だけの生活になります。仕事からもはなれますので、これまでの生活の場を離れて、新たな生活の場を決めることも出来るのです。

 田舎暮らしや海外ロングステイなど、これまで住んでいた場所と全く関係ない場所に第二の人生の住まいを選択する人も増えてきています。

 リタイアメントを機会に今後の生活の場をどこに置くかを考えて見ましょう。

 私たちの老後には、長年働いてきた時間に匹敵する位の長い自由時間があります。この豊かな時間を自分らしく、生きがいを感じながら過ごしたいと考える人が増え、セカンドライフの住まいも多様化しています。

/staff (fukuyama)

[注]広告はブログの仕様により、本サイトの内容とは関係なく表示されています。

|

« 長生き時代のライフプラン | トップページ | 「投機」と「投資」は違います!! »

「元気なシニアのコンサル日記.」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 長生き時代のライフプラン | トップページ | 「投機」と「投資」は違います!! »