« 自分が投資にまわせるお金を把握しましょう | トップページ | 郵政民営化に思うこと »

三番街シネマ 閉館

先日、梅田(茶屋町)を歩いていたときに、ふっと看板に目が止まりました。

「三番街シネマ 閉館のご案内」

ちょっとビックリして、呆然と立ち尽くしてしまいました!!

思えば高校時代から足を運んできた、あの映画館が閉まってしまうとは?
最近では、子供と「名探偵コナンシリーズ」を見に行くのが毎年の行事に
組み込まれていましたが。

他の映画館と同じようにトレンドに合わせて改装し、座席が広く座りやすく
なったなあと思っていたのに...

1976年にオープンで約30年の運命でした。短いものですね。
観客動員数が減少したこと・経営の効率化が理由だそうです。
(具体的な原因はシネコンの影響・人口構成の変化・レジャーの多様化でしょうか?)

Hi380119_ss

寂しいですね。何回も看板を見上げてしまいました。

時代の流れというのでしょうか?

「物事は長い時間をかけて、
 必ず変わっていくものなのだ。」

という基本的なことを実感した瞬間でした。

世の中で「不変」は保証されません。必ず起る変化に対応する必要があります。

上手く乗り越えるためには、予測立てて先回りしておくことが大切です。
「三番街シネマ」はそれが足りなかったのか?それをしたのか?

一方、人生においても同じことが言えると思いました。

今が順調で元気だと鈍感になってしまうかもしれませんが、
必ず歳を取り、仕事・立場・責任・体調も変わります。
日々を取り巻く環境や家族構成も変わります(誕生と死別)。

いつかどこかで曲がり角を迎えてしまいます。

様々な角度から分析して予測を立てて、先回りして経済的な対策を講じていく...
ライフプランはまさにそれで、人生のピンチから救ってくれるのです。

/staff (yamashita)

[注]広告はブログの仕様により、本サイトの内容とは関係なく表示されています。

|

« 自分が投資にまわせるお金を把握しましょう | トップページ | 郵政民営化に思うこと »

「生活設計ナビの独り言。。」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 自分が投資にまわせるお金を把握しましょう | トップページ | 郵政民営化に思うこと »