« 改めて『リスクがあることを..』 | トップページ | 「子育て家庭に優しいFP事務所」 »

個人年金のつくり方

前回、ゆとりある老後のためには、厚生年金や国民年金だけでは不十分で、
生活費を補填するための個人年金が必要だと書きました。

企業年金などの制度がある場合は、出きるだけ、その制度を活用しましょう。

今回から、企業年金制度のない企業や自営業者(個人事業者)の方が、個人年金をつくる方法について解説いたします。

個人年金をつくる方法は、国民年金基金や確定拠出年金(個人型)のように公的な制度を活用する方法と確定年金(生命保険)や変額年金保険のように民間の金融商品を活用する方法があります。

今回は、自営業者やフリーで働く方を対象とした国民年金基金について、解説します。

国民年金基金の加入資格は、自営業者やフリーで働く人など国民年金の第一号被保険者の方で20歳以上60歳未満の方で、何時でも加入することが出来ます。

掛け金の払い込みは、加入時から60歳までで、65歳より年金を受け取ることが出来ます。

この基金は、加入年齢により、掛金、年金額が決まる1口目と掛金、給付、年金の種類を選択できる2口目以降により出来ています。

例えば、30歳2ヶ月で加入した人(男性)が1口目と2口目以降分と合わせて、月額24,525円を60歳まで約30年間払い込むと、65歳から80歳までは、月額62,000円、80歳からは31,000円の年金を終身受け取ることが出来ます。

また、毎年の掛金は、社会保険料控除の対象となりますので、税金の減額も可能です。月額68,000円まで掛金を増やし、更に大きな年金を準備することも可能です。

国民年金基金の特徴は、加入時の年齢に応じた掛金が60歳まで変わらず、将来の年金額も保証されることにありますので、安定した年金を期待する人には、適した制度といえるでしょう。

次回は、確定拠出年金(個人型)について説明します。

/staff (fukuyama)

[注]広告はブログの仕様により、本サイトの内容とは関係なく表示されています。

|

« 改めて『リスクがあることを..』 | トップページ | 「子育て家庭に優しいFP事務所」 »

「元気なシニアのコンサル日記.」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 改めて『リスクがあることを..』 | トップページ | 「子育て家庭に優しいFP事務所」 »