« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

確定年金保険で個人年金(2)

ゆとりある老後のためには、厚生年金や国民年金だけでは不十分で、生活費を補填するための個人年金が必要です。

今回は、確定年金保険(個人年金保険)について解説します。

確定年金保険は、保険契約時に将来受け取ることの出来る年金額が確定する年金です。確定拠出年金(個人型)や次回解説します変額年金保険が、運用のパフォーマンスにより、年金額が変わってくるのと大きく異なります。安定的な年金を希望する人に向いた商品といえます。

年金の原資を準備する方法としては、毎月などの積立を続ける方法と退職金などを活用し一時払いする方法があります。積立完了・一時払い後据え置き期間を設けて年金原資を増やすことも出来ます。

年金の種類としては、5年、10年、15年などあらかじめ定められた期間年金を受け取ることの出来る確定年金と保証期間付終身年金があります。厚生年金や国民年金の不足を補填する個人保険としては、生きている間は年金を受け取ることの出来る保証期間付終身年金が望ましいと言えるでしょう。

確定年金保険の保険料、年金額は契約時の金利を基に契約時に決まります。そのため金利が高いときに契約すると高い金利での運用が保証されますので、有利となります。一方金利が低い時に契約すると不利な条件での契約となります。

現在は、ゼロ金利を脱したというものの、依然として低金利ですから、現在は契約に適した時期とは言えないでしょう。

次回は、変額年金保険について説明します

/staff (fukuyama)

[注]広告はブログの仕様により、本サイトの内容とは関係なく表示されています。

| | コメント (0)

確定拠出年金で個人年金

ゆとりある老後のためには、厚生年金や国民年金だけでは不十分で、生活費を補填するための個人年金が必要です。

今回は、確定拠出年金(個人型)で個人年金を作る方法について解説します。

確定拠出年金(個人型)には、国民年金に加入している自営業者やフリーで働く方と企業年金制度のない企業で働く方が加入することが出来ます。

国民年金に加入している方は、月額68千円(年額816千円)まで積み立てることが出来ます。企業年金制度のない企業で働くサラリーマンの場合で、18千円(年額216千円)までかけることが出来ます。

国民年金加入者の場合で、25年続けると積立金だけで2,040万円、これに運用利回りを加えるとかなりまとまった個人年金を作ることが出来ます。

企業年金制度のない企業で働くサラリーマンの場合で、540万円になります。厚生年金を補完する年金としては、やや不十分ですが、将来拠出限度額の改定の可能性もあるのではないでしょうか。

確定拠出年金(個人型)のメリットの一つは、掛金を社会保険料控除として、所得から控除できますので、節税になります。

確定拠出年金(個人型)を金融商品としてみた場合、定期性預金、年金保険、投資信託に分けて運用することが出来ますので、自分に合ったポートフォリオ(資産分散)を作ることが出来ます。また手数料なしで運用する金融商品をスイッチングすることが出来ます。投資信託の場合、その投資信託を売却して他の投資信託を購入したり、預金に切り替えたりすると、売却した投資信託に売却益が発生すれば、税金がかかりますが、確定拠出年金は、スイッチングしても税金はかかりません。

つまり、税金の繰り延べ効果も期待できます。

60歳以降年金として受けとらなければならないという制限がありますが、豊かな老後のための個人年金準備の方策としては、最も有利な金融商品といえるでしょう。

次回は、確定年金保険について説明します

/staff (fukuyama)

[注]広告はブログの仕様により、本サイトの内容とは関係なく表示されています。

| | コメント (0)

「子育て家庭に優しいFP事務所」

しばらく更新ご無沙汰しておりました。

11月後半から体調を崩しておりまして、お客様や関係者様に大変なご迷惑をお掛けしました。
すみませんでした。皆様、スケジュール調整等ありがとうございました。

本当に「身体が資本」で「健康が第一」ですね。

「いくら幸せでゆとりがある生活設計(ライフプラン)を描けていたとしても、健康でなければ実行できません。さらに夢や希望を実現することもできませんね。」
といつもお客様へお伝えしているのにお恥ずかしい限りです。

夢の実現といえば、まずこの仕事を始めることは1つの夢でした。
現在は1つ実現できたわけですが、まだまだいっぱいやりたいこと、やらなければいけないこと沢山ありますから、身体をいたわりながら進んでいきたいと思います。

さて今年を振り返ると大きな変化があった年でした。
その中で一番の出来事は、「事務所の移転」だったと思います。

創業以来3年間は他の会社での間借りの状態でしたが、8月に専用事務所をようやく立ち上げることができました。

周囲のご協力や多くのお客様のご理解やご支援のお陰で、本当に感謝しております。

そして専用になったことで、また夢への第一歩を踏み出すことができそうです。

「子育て家庭に優しいFP事務所」です。

かわいいお子様の成長を一緒に見守りながら、家計の問題解決に取り組んでいきたい
・・・・実現したい夢のイメージなのです。

来客で一番多いのがやはりマイホーム取得世代(20代後半~40台前半)です。
6~7割方はお子様がいらっしゃいますので、ご相談へ来られる前にお子様を
預けて来るのも大変です。

さらに、私のほうもずっと間借りの状態だったので、周りのこともあり、子供を連れて
事務所へ来られるのを躊躇されるケースがありました。

以上の2つの点で残念な想いをしておりました。

このたび、ようやく狭いながらも「キッズスペース」を確保できたのです。
1~2時間遊んでいただけるように、おもちゃ・本・図工セット・DVDを準備しています。

Photo ☆お子様と一緒にお越しいただけます!☆ (良かったです)  

将来はもっと広い所に移って、キッズルームを併設していきたいと思っています。

保育士さんにも来ていただいて、お子様には思う存分いっぱい遊んでいただきながら、
親はしっかりご相談に集中していただけるような空間にしていきたいと思っています。

今の延長にも1つの夢があります。
まだまだいっぱいありますが、贅沢を言わずに1つ1つを実現していきたいです。

だから、身体が資本ですね。大事にして...頑張ってまいります。

/staff (yamashita)

[注]広告はブログの仕様により、本サイトの内容とは関係なく表示されています。

| | コメント (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »