« 2008年がいよいよスタート!! | トップページ | OFFの半日(11年ぶりの・・・) »

投資のリスクには対処法があります

今回は投資のリスクとその対処法について書かせてもらいます。

「リスク」と聞くと「危険」というイメージがありますが、
本来、投資でいうリスクとは

「将来受け取るリターンが予測できない、確定していない」という意味です。

100万円投資して一年後に105万円になっているか、
95万円になっているか正確にはわからないのがリスクです。

ではなぜリスクを取らなければならないのか?
一般的にリスクとリターンはトレードオフ(二律背反)の関係にあると言われています。
高いリターンを得るためにはリスクも大きくなるというものです。
預貯金など元本確保される金融資産はリターンが少なくなります。

大切な老後資金の運用はできるだけリスクを回避したい。

私たちは日常生活でもリスク(予測できない事)とつきあっています。
たとえば、病気についても健康診断を定期的に行うことで、病気になるリスクに対処しています。
天気についても事前に天気予報を見て傘を持っていきます。

日頃、リスクとうまく付き合えているのはリスクをしっかり認識しているからです。

お金は儲かるところを求めて世界中をまわっています。
市場ではプロが知識と情報を駆使して運用しています。

投資リスクの性格を認識する事で対処法が見えてきます。

リスクをコントロールする方法には2つあります。

第1に分散すること(分散投資)。

第2に長期にわたって継続して投資すること(長期投資)です。

これが成功する秘訣です。

/staff (ito)

[注]広告はブログの仕様により、本サイトの内容とは関係なく表示されています。

|

« 2008年がいよいよスタート!! | トップページ | OFFの半日(11年ぶりの・・・) »

「京都の実務家FPが駆ける!」カテゴリの記事