« 海外在住の子供への贈与 | トップページ | 豊かな老後を送るため・・の資産運用とは。④ »

豊かな老後を送るため・・の資産運用とは。③

前回、安定的な収益を目指すため...
4つの実践が必要だと書きましたが、そのあたり、
もう少し詳しく書いてみたいと思います。

①守りを重点に置く

老後の時期に資産運用で大きなダメージを受けてしまうと、
取り戻すことが困難です。無理して生活資金まで投入する
ことは家計の破綻につながりかねません。いかに守りなが
ら資産を増やしていくかがポイントになります。

⇒具体的には値動きが大きい投資対象を避けます。

②リスクを軽減する

資産運用を行う場合にはある程度の収益(リターン)を期
待した商品を選択していく場合があります。しかしそこに
不確実性(リスク)が伴いますから元本割れを起こす可能
性もあります。金融商品が投資対象としているマーケット
(株式や債券などの市場)の値動きは常に変化しています。
よって、1つのマーケットだけで運用しているとリスクが
高まります。投資対象を集中させず、複数に分散して投資
するとリスクが軽減でいます。また、1回でなく投資時期を
ずらして複数回に分けて行うことによって値動きのリスク
を軽減することができます。その後は長期のスタンスで保
有していくことです。

⇒値動きが関係しないものを選びます。
⇒毎月同じ金額ずつ購入します。

③定期的に見直す

投資する金融商品でも中核的な位置づけをするもの(コ
ア投資)と、そうでない周辺的なもの(サテライト投資)
で分けておきましょう。コア投資は5年~10年で見直し
ますが、サテライト投資は半年~1年の区切りで資産を見
直し、必要があれば商品の入れ替えをしましょう。

⇒サテライトとして持ったものは例えば20%上がったら、
もしくは、10%下がったら売却するなどルールを決めて
おきましょう。

④内容がわかるものにする

年齢が高くなるにつれと商品に対する理解力や判断力が
衰えていくのが普通です。仕組みが複雑なものや対象に
しているマーケットに馴染みがないものは極力避けて理
解できるもので運用していきましょう。

⇒自分が詳しい分野、関心がある分野、収集した情報を
元に先行きを考えられる投資対象にしましょう。

このようなことを継続することによって、
長期的には運用のマイナスを出来る限り押さえることが
出来ると思います。

次はいよいよ最終回。

運用するアセット(投資対象)が決まってきたら、
実践の最終段階は金融商品をどう選ぶかです。

参考までに、代表的な金融商品の内容・特徴など
を書いてみたいと思います。

/staff (yamashita)

[注]広告はブログの仕様により、本サイトの内容とは関係なく表示されています。

|

« 海外在住の子供への贈与 | トップページ | 豊かな老後を送るため・・の資産運用とは。④ »

「生活設計ナビの独り言。。」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/211607/20028781

この記事へのトラックバック一覧です: 豊かな老後を送るため・・の資産運用とは。③:

« 海外在住の子供への贈与 | トップページ | 豊かな老後を送るため・・の資産運用とは。④ »