« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

資産運用はいつから始める?

資産運用で一番大事なことは「時間」だと思います。

時間はどんな人にも平等に与えれらているものの1つです。
どう有効に使うかはその人の行動に掛かっています。

自分の寿命はわからない。けれども、
 「時間は無限なようで、実は有限である」
 「使った時間は戻ってこない」
ことを、まずはしっかりと認識しておきましょう。。。

自分がセカンドライフでゆったりと過ごせるのに、60歳までに3000万円が必要になってくると解ったら、その資産形成に向かって
 1.今から始めていくのか?
 2.知識不足や忙しくてなかなか決意できなく、だらだら先延ばしするのか?
どちらが有利なのでしょうか?

もちろん、前者ですよね。

結局始める必要があると思うならば、出来るだけ早く取り組んで「時間」を味方につけて行きましょう。

 毎月10万円の積み立てができるとしたら、
 年1.0%の複利で運用すると、税引後で3000万円以上を貯めるのに約23年が必要です。60歳時点から逆算すると、37歳から始めないといけません。
 
 これが1年遅れて38歳からでは2887万円、2年遅れると2744万円、5年遅れてしまうと2327万円しか貯められません。
 
 追い付くためには積立額を増やせばいいのですが、1年遅れると約5千円、2年遅れると約1.1万円、5年遅れると約3万円を追加しないといけません。

もし、金利が今後少し上昇するとしたら、その差はますます広がっていきます。たとえば、前提を年2.0%の複利にすると、37歳から始めると、60歳時点で3338万円貯まるのに対して、1年遅れの38歳からでは3166万円と、172万円の差に広がります。
つまり「取り組む時期の格差」が起こり得ます。

世の中を見ていると、漠然として老後の不安ばかりが先行して、何から手をつけて良いのか、どうして対策したら良いのか?解らないという諦めの気持ちから、普通預金に眠ったまま「ほったらかし」の方は多いと思います。

ぜひ、不安の正体・問題点を早く発見して、直ちに向き合っていくほうの効用を実践していきましょう。
ファイナンシャル・プランナー(FP)は、日々そのことのお手伝いを行っています。

「先送り」のメリット、ほとんどありません

それこそ「今日の日本の財政危機、および、国民へのしわ寄せ」を招いた元凶の1つの考え方であること。

みなさん、もう実感していますよね。

/staff (yamashita)

[注]広告はブログの仕様により、本サイトの内容とは関係なく表示されています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

豊かな老後を送るため・・の資産運用とは。④

このシリーズも4回目。最後になりました。

金融商品の選び方のポイントですが、
「流動性」「安全性」「収益性」を吟味して、
目的と期待利回りを照らし合わせることに尽きます。

どれが「良い商品ですか?」とよく質問されますが、
そういうものはないですね。

「良い」の定義はケースによって変わります。
金融商品には必ず長所と短所があることと繫がっています。

金融商品の特徴を把握しておき、ご自身の運用目的を決めて、
それに適合するものを探していきましょう。

具体的には、、
 ○いつ必要なのか?
 ○途中で必要になることはないのか?
 ○どれぐらい運用益を期待するか?
 ○どれぐらい運用損を我慢できるのか?
 ○生活費とは関係がないのか?
などを意識して選んでください。

代表的な商品の特徴の説明はここでは割愛します。
下記の表をご参考にしていただければと思います。

Ws004

まとめにはいります。

金融商品の選択から入ってはいけません。
その選択に溺れてはいけません。
⇒目先の「運用益」だけを見てしまうとそうなります。

資産を殖やすためには、

「運用効率を上げる」
「収入を上げる」
「ムダな支出を減らす」

たった3つの方法しかありません。それをバランス良く実行していくのが合理的です。

たとえば、いくら運用で稼いでも永遠に続くのでしょうか?
一方でどんぶり勘定の家計になっていては、結局はトータルで減ってしまっています。
将来「豊かな生活」からどんどん離れていくことでしょう。

そうならないためにも、まずは「ライフプラン」を立てて、
プランに基づいた資産運用シナリオ=目標=戦略を考えてみましょう。

そして、戦略にあった持ち駒(金融商品)を選択していくことがまっとうな方法なのです。

/staff (yamashita)

[注]広告はブログの仕様により、本サイトの内容とは関係なく表示されています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »