« 打ち上げの会 | トップページ | 障害年金に改善を求む! »

生活費上昇時代に必要なこと

今年に入ってからというものの、月が新しくなるたびに値上げのニュースが
目に飛び込んできています。

小麦粉類なんか今年に入ってから値上げを繰り返しているように、物価高の
影響は私たちの生活コストをジワジワと押し上げて行きます。

ハイパーインフレがやってくるかような様相です。

「街角の景況感」も全国で下げに転じてきています。

これまで収益が伸びていた業種も、企業が負担するコストが膨らんだために、
人件費を抑制する動きが起こり、従業員の給与の伸びが抑制されるのは
避けられません。

収入が下がり、支出が増える。

やがて落ち着く時が来ると信じたいところですが、長期的な消費低迷へ突入
しており、負のスパイラルに入っています。

それに追い討ちをかけるように、
平成29年まで毎年確実に上がっていくものがあるのをご存知でしょうか?

それは「公的年金の保険料」です。

自営業の方が加入されている国民年金の保険料。
現在14,410円が、280円ずつ毎年引き上げられ、最終的には16,900円になります。

法人に加入が義務づけれている厚生年金の保険料は定額でなく、報酬(給与)に
対して保険料率を掛けた額を収めますが、現在14.996%の料率が、毎年0.354%ずつ
引き上げられていき、最終的に18.30%になります。

年金のような社会保険料をどうにかしたいなと思っても、税金とは違ってなかなか
節約ができません。

物価高や社会保険料の上昇をカバーできるように先取りして収支を改善しておく
ことを考える必要があります。

そのために!

【逆算の家計】という考えをしていただくようにお話しています。

将来の出口を決めて、果たしてそこまで達成出来るのか?
  ・・・出来なければ今から何をどうしていくのかを考えていくのです。

1つの目安として80歳時点での経済的目標を立てます。

たとえば80歳までに、自分の夢や生きがいの実現という支出をしながら、子供たちには
迷惑を掛けないように借金は残さず、自身の介護費用に備えて金融資産は最低6000万円程度にしておくためには、これからのキャッシュフローをどのようしていけばよいのか?

外部要因で、インフレ(生活費上昇率)が3%が続いた場合にどうなるのでしょうか?

その目標に到達できる可能性はどれぐらいあるでしょうか?

借金まみれの日本の通貨である「円建て資産」の価値が50%下がってしまった場合に
どうなるのでしょうか?

黒字人生を送ることができると思い込んでいても、そんな(当然ありえる)リスクを
与えてみると、実は赤字人生の危険性をはらんでいることが良くあります。

「ライフプランを立てて、定期的にプレビュー」おけば安心、いろいろなことが見えてきます。

生活費上昇時代に一番有効な対策だと思います。

/staff (yamashita)  所属:ズ・ユア・プランナー(独立系FP事務所)

[注]広告はブログの仕様により、本サイトの内容とは関係なく表示されています

|

« 打ち上げの会 | トップページ | 障害年金に改善を求む! »

「生活設計ナビの独り言。。」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/211607/22888075

この記事へのトラックバック一覧です: 生活費上昇時代に必要なこと:

» ★ベトナム 裾野産業★ [★ベトナム株式・金利・経済★最前線情報★]
Xin Chao!!(こんにちは!!)ベトナムからSony Vietnam社が撤退したブログを先日記載しました。Sony Vietnam社がベトナムに進出した理由は、電子部品を輸入した場合、高い税金がかけられていること。その保護政策を利用して、ベトナム国内で組み立て工業を行う。というものでした。Sony Vietnam社がベトナムから撤退する理由は、作る製品が時代遅れとなり需要がなくなったことによるものでした。現在、多くの自動車メーカ... [続きを読む]

受信: 2008年8月10日 (日) 15時54分

« 打ち上げの会 | トップページ | 障害年金に改善を求む! »