« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

「年金偽装」にため息

>年金問題:標準報酬月額、6万9000件改ざんの疑い 
>厚労相、「組織的関与」調査へ
> (9月17日 毎日新聞 見出しより)

耐震偽装・食品偽装に続き、年金でも「偽装」と言える問題が出てきています。

世の中本当に何を信じて良いのか?
本当にわからなくなってきました(ふぅ)。

前の2つは「民間企業」ですが、今度は「国」の不祥事ですよ。

このようなことあって良いのか?
20~30代の層ばかりでなく、全年齢層からの年金不信が蔓延するような気がします。

しかも、幹部はこの数倍の件数(もはや調査できないらしいですが)の可能性を示唆
しているから、開いた口が塞がらないという状況です。

なぜそんなことをしていたのか?

中小企業に厚生年金に入ってもらう(折半の保険料を払ってもらう)ための、改ざんを組織的に行っていた、つまり、企業に改ざんを指導していたとの報道が上がっています。
その差額を別で滞納していた分に充当していたそうです。

自分たちの面目だけを考えたお役人の行為!
決して許されるべきでないでしょう。

徹底的に調査⇒責任追及⇒標準報酬月額の訂正を早くしてほしいものです。

ねんきん特別便のチェックでは、一番のポイントは加入履歴でしたが、さらに過去の報酬月額がちゃんと合っているかどうかの記載の追加と確認が必要となってきたと想います

たとえば、10%低く改ざんされていた場合、受給する時に当然10%少ない年金額で計算されてしまうのです。
報酬比例部分の年金額が本当は240万円だったとすると、年間24万円、つまり月額2万円の「受け取り損」が生きている限りずっと続く可能性があるのです。

こんなことをされて・・・
誰も平気ではいられませんね。

標準報酬額月額が訂正された場合に、本来払うべき過去の保険料をどう徴収するのか
という実務的な問題は残りますが、超特例的な処置にして、まず受給からを先に増やす
ことが先決でしょう。

10月末に行われるであろう総選挙では当然年金制度の行方も争点になるでしょう。

年金を信用ある制度に正してもらうように(ほんと当たり前のことで情けないですが)

ご自身の声を一票に反映させてまいりましょう。

/staff (yamashita)  所属:ズ・ユア・プランナー(独立系FP事務所)

[注]広告はブログの仕様により、本サイトの内容とは関係なく表示されています

| | コメント (0) | トラックバック (1)

障害年金に改善を求む!

わが国の年金制度の特長は、原則65歳から支給される老齢年金の他に、
65歳にならなくても、制度加入者に万が一のことが発生した場合の「遺族
年金」、制度加入者の身体に障害が残ってしまった場合に「障害年金」が
支給されることです。

遺族年金と障害年金には子*1の加算があります。

*1:18歳到達後に最初の年度末まで子、または、20歳未満の障害1・2級の子を指す。

遺族年金は死亡当時に、生計を維持されていた子のある妻、および、
生計を維持されていた子に支給されます。子の数に応じて加算があります。

一方、
障害年金は障害1級・2級に該当した場合に生計を維持している子がいる場合に
子の数に応じて加算があります。

ここでアレ?と思うが障害年金の加算です。

現行では子の加算は
「障害に該当した時点で生計維持している子」については支給されますが、
「障害に該当後に生まれて生計維持している子」については支給されない
という制度になっています。

障害者の方でも子供が欲しいと思っていらっしゃいますし、経済的にも育てて
いける計算があっての方(配偶者の協力もあり)もいらっしゃいます。

なんか障害があると、子供を作らないほうが良いという制度に感じられます。そして社会的な地位、および、生活を制限したり、さらに少子化対策の逆をいく考え方だと思うのです。

そういうわけで不公平感をずっと感じておりました。

ようやく今年の春からですが、そこを改善しようという話が出てきており、
法改正に向かって進んでいるはずでしたが止まっているようです。

さきほど、社会保険庁にも確認したところ、現状のところは
「話として挙がっているが法案提出に至っていない」のだそうです。

突然の自民党総裁選の向こうに総選挙が近づいていますが、どのような結果に
なっても、政治的空白を早く解消して、上記のような国民目線での改善を
スピード上げて進めていってほしいと思います。

【参考】
障害基礎年金の子の加算((20年度価格)
一人目・二人目が一人につき年額22万7900円、三人目以降は年額7万5900円

/staff (yamashita)  所属:ズ・ユア・プランナー(独立系FP事務所)

[注]広告はブログの仕様により、本サイトの内容とは関係なく表示されています

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »