« 「年金偽装」にため息 | トップページ | スタートラインに戻った「貯蓄から投資へ」 »

財政再計算

年金制度は少なくとも年に一度、
全般にわたって見直すことになっています。

この見直しを「財政再計算」といいます。

前回は平成16年、次回は平成21年、つまり来年です。

次回の財政再計算を視野に入れながら、
年金制度について様々な改革論議が出てきてもおかしくはない。
たとえば、

 ・平成21年度までに基礎年金の国庫負担を1/3⇒1/2 に引き上げが決定済。
    ⇒財源をどうするか?
    
 ・標準報酬月額の改ざん問題
    ⇒年金支給額の回復は可能か?歪みが起こらないか?
      
 ・世界同時株安
    ⇒公的年金の運用がかなり悪化しているのではないか?
     ⇒年金支給額・支給開始年齢の前提が崩れるのではないか?
      
このあたりが心配なところです。

これから来年に向けて「年金制度」の大改革があるかもしれません。

総選挙の足音も聞こえ始めました。
関心を持って新聞やニュースを見ていただきたいと思います。

/staff (yamashita)  所属:ズ・ユア・プランナー(独立系FP事務所)

[注]広告はブログの仕様により、本サイトの内容とは関係なく表示されています

|

« 「年金偽装」にため息 | トップページ | スタートラインに戻った「貯蓄から投資へ」 »

「生活設計ナビの独り言。。」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/211607/24386370

この記事へのトラックバック一覧です: 財政再計算:

» 退職 [転職活動の失敗から転職成功へ]
転職活動では会社選びが運命を左右します。会社選びの基準が前の会社だけではお粗末なことです。世間一般の人はどんな待遇で働いているのか、どんな業界が待遇がいいのかなどできる限り判断基準を標準化しましょう。... [続きを読む]

受信: 2008年10月 9日 (木) 23時22分

« 「年金偽装」にため息 | トップページ | スタートラインに戻った「貯蓄から投資へ」 »