「ねんきん定期便」がスタートします

年金の加入記録が正しいかどうか?を確認する取り組みとして、
4月から年金の現役加入者に対して「ねんきん定期便」が送られます。

送られる時期は”毎年の誕生月”です。

「本来は正しいはず」の年金記録が、

 ○年金制度の度々の制度変更による複雑化
 ○周知の不足、加入者の理解不足(社会保険庁の説明不足)
 ○届出主義による加入者の届出漏れ
 ○勤務先の標準報酬額改ざんなど偽装や届出ミス
 ○社会保険庁の事務処理ミス
 ○その他のトラブル

の可能性があり、「本人がこう加入していたはず」の情報が誤っている
という問題が近年続々と発覚してきました。

この問題は解決していくには、社会保険庁を批判するだけは何も進まず、
やはり国民1人1人が自身の記録と向き合うことが肝心です。

必ず確認するようにしましょう。
押さえていただきたいポイントは、以下の4点です。

 □届いた封筒の色

   ・オレンジかブルーか
      オレンジの方は「漏れ」や「誤り」の可能性が
      ブルーよりも高い方を示しています。
 
 □用紙の色
 
   ・ブルーかホワイトか
    ブルーの用紙の方は必ず回答してください(★誤りがない場合も)
      58歳になられる方
      標準報酬月額に誤りの可能性がある方
 
 □年金加入履歴
 
   ・加入月数の欄が合っているかどうか?
      「資格を失った年月日」の前日までが加入していた日です!

   ・複数の年金記録がある場合は、その年金記録が繋がっているかどうか?
     「資格を失った年月日」と次行「資格を取得した年月日」が同一かどうか?
             
 □標準報酬月額の月別状況

   ・今回初めて送付されます。当時のお給料水準と著しく異なっていないか?

   ・朱色で書かれているのは箇所は、社会保険庁のほうで判断した
    『要注意(実際と違う金額に引き下がれている可能性有り)』ですので、
    周りの数字や給与明細(当時のがあれば)と比較してみてください。
    

不審な点があった場合、
回答して返送するか、最寄りの社会保険事務所へ問い合わせてください。

確認をしない限り、
堅実な会社にずっと勤めていた自分だけは大丈夫ということはありません。

自分が正しく届出していても、勤務先が正しく事務処理していても、
結局は誤っていたケースが実際に発生しています。

老後の年金は生きている限り受け取れる権利です。
長生きリスクに備えるものです。

年金を受け取り始めた後での訂正は余計に手続きが複雑で、
支給に時間が掛かっているのが現状です。
 ⇒漏れていた分の支給に1年以上!も掛かっているケースがあります。

描いていた将来の生活設計に狂いが無いように・・・
今のうちからしっかりと確認(誤りは訂正)するようにして下さいね。

/staff (yamashita)  所属:ズ・ユア・プランナー(独立系FP事務所)

[注]広告はブログの仕様により、本サイトの内容とは関係なく表示されています

| | コメント (0) | トラックバック (1)

確定拠出年金(401k)の導入メリット

本日は厳しい経済環境の中で日々頑張っておられる
中小企業の社長さん側の視点でお話をしてみます。

会社にとって社会保険はなかなか節約できないと言われていますが、
社会保険料と税金の両方を節約する方法をご紹介したいと思います。

それは、企業年金制度として確定拠出年金を導入することです。

確定拠出年金(一般的に401kと呼ばれていますが)は、会社や個人が
年金のために拠出した掛け金を加入者自身が運用し、その結果により
将来厚生年金の上乗せ部分の年金が支給される制度です。

「企業型」と「個人型」の2種類ありますが、
ここでは「企業型」についてお話しします。

企業型は会社が個人(対象:60歳未満)のために掛け金を拠出して個人
が運用します。最大で月額46,000円(企業年金がない場合)が拠出でき、
全額を損金算入することができます。

掛け金は非課税で社会保険料算定の対象外です。

社会保険料は会社と個人とで負担していますから、
両者にとってメリットがあります(簡単に図示しておきます)。

Ws014

                             

重要な点を申し上げておきますと、従来の給与の一部を確定拠出
年金の拠出に充てることを必ずご説明して納得してもらうことです。

元々、個人が手取給与から退職後のために積立運用しているので
あれば、給与の一部を確定拠出年金の制度を使って積立運用した
ほうが、会社も個人も負担が減りキャッシュバリューが高まります。

一見すると額面給与が減るイメージがあり、抵抗があるかもしれません。
決してそうではなく「給与一部の将来受取」という位置付けを理解
してもらいましょう。

確定拠出年金は公的な制度でまっとうなものです。

最近、政府で拠出限度額(非課税)の引き上げが論議されており、
実現の可能性が高まりつつあります。

ご検討されてはいかがでしょうか?

/staff (yamashita)  所属:ズ・ユア・プランナー(独立系FP事務所)

[注]広告はブログの仕様により、本サイトの内容とは関係なく表示されています

| | コメント (0) | トラックバック (0)

財政再計算

年金制度は少なくとも年に一度、
全般にわたって見直すことになっています。

この見直しを「財政再計算」といいます。

前回は平成16年、次回は平成21年、つまり来年です。

次回の財政再計算を視野に入れながら、
年金制度について様々な改革論議が出てきてもおかしくはない。
たとえば、

 ・平成21年度までに基礎年金の国庫負担を1/3⇒1/2 に引き上げが決定済。
    ⇒財源をどうするか?
    
 ・標準報酬月額の改ざん問題
    ⇒年金支給額の回復は可能か?歪みが起こらないか?
      
 ・世界同時株安
    ⇒公的年金の運用がかなり悪化しているのではないか?
     ⇒年金支給額・支給開始年齢の前提が崩れるのではないか?
      
このあたりが心配なところです。

これから来年に向けて「年金制度」の大改革があるかもしれません。

総選挙の足音も聞こえ始めました。
関心を持って新聞やニュースを見ていただきたいと思います。

/staff (yamashita)  所属:ズ・ユア・プランナー(独立系FP事務所)

[注]広告はブログの仕様により、本サイトの内容とは関係なく表示されています

| | コメント (0) | トラックバック (1)

「年金偽装」にため息

>年金問題:標準報酬月額、6万9000件改ざんの疑い 
>厚労相、「組織的関与」調査へ
> (9月17日 毎日新聞 見出しより)

耐震偽装・食品偽装に続き、年金でも「偽装」と言える問題が出てきています。

世の中本当に何を信じて良いのか?
本当にわからなくなってきました(ふぅ)。

前の2つは「民間企業」ですが、今度は「国」の不祥事ですよ。

このようなことあって良いのか?
20~30代の層ばかりでなく、全年齢層からの年金不信が蔓延するような気がします。

しかも、幹部はこの数倍の件数(もはや調査できないらしいですが)の可能性を示唆
しているから、開いた口が塞がらないという状況です。

なぜそんなことをしていたのか?

中小企業に厚生年金に入ってもらう(折半の保険料を払ってもらう)ための、改ざんを組織的に行っていた、つまり、企業に改ざんを指導していたとの報道が上がっています。
その差額を別で滞納していた分に充当していたそうです。

自分たちの面目だけを考えたお役人の行為!
決して許されるべきでないでしょう。

徹底的に調査⇒責任追及⇒標準報酬月額の訂正を早くしてほしいものです。

ねんきん特別便のチェックでは、一番のポイントは加入履歴でしたが、さらに過去の報酬月額がちゃんと合っているかどうかの記載の追加と確認が必要となってきたと想います

たとえば、10%低く改ざんされていた場合、受給する時に当然10%少ない年金額で計算されてしまうのです。
報酬比例部分の年金額が本当は240万円だったとすると、年間24万円、つまり月額2万円の「受け取り損」が生きている限りずっと続く可能性があるのです。

こんなことをされて・・・
誰も平気ではいられませんね。

標準報酬額月額が訂正された場合に、本来払うべき過去の保険料をどう徴収するのか
という実務的な問題は残りますが、超特例的な処置にして、まず受給からを先に増やす
ことが先決でしょう。

10月末に行われるであろう総選挙では当然年金制度の行方も争点になるでしょう。

年金を信用ある制度に正してもらうように(ほんと当たり前のことで情けないですが)

ご自身の声を一票に反映させてまいりましょう。

/staff (yamashita)  所属:ズ・ユア・プランナー(独立系FP事務所)

[注]広告はブログの仕様により、本サイトの内容とは関係なく表示されています

| | コメント (0) | トラックバック (1)

障害年金に改善を求む!

わが国の年金制度の特長は、原則65歳から支給される老齢年金の他に、
65歳にならなくても、制度加入者に万が一のことが発生した場合の「遺族
年金」、制度加入者の身体に障害が残ってしまった場合に「障害年金」が
支給されることです。

遺族年金と障害年金には子*1の加算があります。

*1:18歳到達後に最初の年度末まで子、または、20歳未満の障害1・2級の子を指す。

遺族年金は死亡当時に、生計を維持されていた子のある妻、および、
生計を維持されていた子に支給されます。子の数に応じて加算があります。

一方、
障害年金は障害1級・2級に該当した場合に生計を維持している子がいる場合に
子の数に応じて加算があります。

ここでアレ?と思うが障害年金の加算です。

現行では子の加算は
「障害に該当した時点で生計維持している子」については支給されますが、
「障害に該当後に生まれて生計維持している子」については支給されない
という制度になっています。

障害者の方でも子供が欲しいと思っていらっしゃいますし、経済的にも育てて
いける計算があっての方(配偶者の協力もあり)もいらっしゃいます。

なんか障害があると、子供を作らないほうが良いという制度に感じられます。そして社会的な地位、および、生活を制限したり、さらに少子化対策の逆をいく考え方だと思うのです。

そういうわけで不公平感をずっと感じておりました。

ようやく今年の春からですが、そこを改善しようという話が出てきており、
法改正に向かって進んでいるはずでしたが止まっているようです。

さきほど、社会保険庁にも確認したところ、現状のところは
「話として挙がっているが法案提出に至っていない」のだそうです。

突然の自民党総裁選の向こうに総選挙が近づいていますが、どのような結果に
なっても、政治的空白を早く解消して、上記のような国民目線での改善を
スピード上げて進めていってほしいと思います。

【参考】
障害基礎年金の子の加算((20年度価格)
一人目・二人目が一人につき年額22万7900円、三人目以降は年額7万5900円

/staff (yamashita)  所属:ズ・ユア・プランナー(独立系FP事務所)

[注]広告はブログの仕様により、本サイトの内容とは関係なく表示されています

| | コメント (0) | トラックバック (0)

生活費上昇時代に必要なこと

今年に入ってからというものの、月が新しくなるたびに値上げのニュースが
目に飛び込んできています。

小麦粉類なんか今年に入ってから値上げを繰り返しているように、物価高の
影響は私たちの生活コストをジワジワと押し上げて行きます。

ハイパーインフレがやってくるかような様相です。

「街角の景況感」も全国で下げに転じてきています。

これまで収益が伸びていた業種も、企業が負担するコストが膨らんだために、
人件費を抑制する動きが起こり、従業員の給与の伸びが抑制されるのは
避けられません。

収入が下がり、支出が増える。

やがて落ち着く時が来ると信じたいところですが、長期的な消費低迷へ突入
しており、負のスパイラルに入っています。

それに追い討ちをかけるように、
平成29年まで毎年確実に上がっていくものがあるのをご存知でしょうか?

それは「公的年金の保険料」です。

自営業の方が加入されている国民年金の保険料。
現在14,410円が、280円ずつ毎年引き上げられ、最終的には16,900円になります。

法人に加入が義務づけれている厚生年金の保険料は定額でなく、報酬(給与)に
対して保険料率を掛けた額を収めますが、現在14.996%の料率が、毎年0.354%ずつ
引き上げられていき、最終的に18.30%になります。

年金のような社会保険料をどうにかしたいなと思っても、税金とは違ってなかなか
節約ができません。

物価高や社会保険料の上昇をカバーできるように先取りして収支を改善しておく
ことを考える必要があります。

そのために!

【逆算の家計】という考えをしていただくようにお話しています。

将来の出口を決めて、果たしてそこまで達成出来るのか?
  ・・・出来なければ今から何をどうしていくのかを考えていくのです。

1つの目安として80歳時点での経済的目標を立てます。

たとえば80歳までに、自分の夢や生きがいの実現という支出をしながら、子供たちには
迷惑を掛けないように借金は残さず、自身の介護費用に備えて金融資産は最低6000万円程度にしておくためには、これからのキャッシュフローをどのようしていけばよいのか?

外部要因で、インフレ(生活費上昇率)が3%が続いた場合にどうなるのでしょうか?

その目標に到達できる可能性はどれぐらいあるでしょうか?

借金まみれの日本の通貨である「円建て資産」の価値が50%下がってしまった場合に
どうなるのでしょうか?

黒字人生を送ることができると思い込んでいても、そんな(当然ありえる)リスクを
与えてみると、実は赤字人生の危険性をはらんでいることが良くあります。

「ライフプランを立てて、定期的にプレビュー」おけば安心、いろいろなことが見えてきます。

生活費上昇時代に一番有効な対策だと思います。

/staff (yamashita)  所属:ズ・ユア・プランナー(独立系FP事務所)

[注]広告はブログの仕様により、本サイトの内容とは関係なく表示されています

| | コメント (0) | トラックバック (1)

打ち上げの会

関西FPパートナーズのミーティング。

隔週で行っていますが、この前は25日(金)にありました。sun

7月25日といえば天神祭のクライマックス。
南森町の事務所周辺はすごい人だかりでした。

その日はもうミーティングを早々に切り上げて、
梅田のほうへ移動して、「上半期打ち上げの会」を行おうと
いうことになりました。

場所は大阪駅前第一ビル12F
中華料理屋「老房(ラオファン)」
福山さんが見つけてくれました。

Hi380016お店に一番乗り。

プライバシーが確保できた、眺めの良いスペースでお食事ができて最高でした。

味もなかなかのもので、値段もリーズナブルでした。お勧めのお店です。

美味しい料理とお酒を片手に、プライベートな話、世界情勢や景気の話、

日々の活動の話。ネタは尽きません。

FP相談もしかり。

ポリシーが同じFPが集まってビジネス面での交流を図ってから3年が経過して、
各FPがもう年間100件以上の相談に取り組んで来られるようになりました。

相談テーマも多様化し・内容も複雑になってきたように思います。

ご相談者が解決したい問題に加え、家族状況/収入/支出/貯蓄/抱えているもの/考え方
が異なるわけですから、同じ案件は2度とありません。
解決方法も同じ数以上に何通りも考えられます。

現実には、教科書のとおり、インターネットに掲載されている情報のとおりにしても、
まったく解決ができないことが多々ありました。

まさに、現場で当たってきた経験(=知識とのギャップを解決してきたこと)が
モノをいいます。

そんな話をするうちに、3人が経験したノウハウを足し算すると、これはかなりの財産
やなあということが発見できました。

だからこそ、今後も協力関係がますます重要になると改めて確認して、お開きにしました。 

伊東さん、ご馳走さまでした(笑)。

/staff (yamashita)

[注]広告はブログの仕様により、本サイトの内容とは関係なく表示されています

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ねんきん特別便、しっかり確認を。

>厚生年金ミス推計560万件、記録不一致1.4%…厚労省抽出調査
>支給漏れの恐れ 
>
>厚生年金のマイクロフィルム化された記録(4億件)のうち、1・4%が
>コンピューターの記録と一致しないことが27日、厚生労働省のサンプル
>調査で明らかになった。

>560万件の記録が正しくコンピューターに入力されていない計算になる。
>年金記録漏れ問題では、政府はコンピューター上の該当者不明の記録の解明
>に焦点を当て、「ねんきん特別便」などの対策を実施してきたが、コンピュ
>ーター記録自体の信頼性が揺らいだ形だ。新たな対応を迫られることになる。
>(2008年6月27日  読売新聞の記事より)

1.コンピューターは人間が作るもの。
2.コンピューター上で動く計算プログラムは人間が作るもの。
3.年金記録データは人間が入力するもの。

世の中で作られるものはすべて人間の手が介在しています。人間にはミスが
ないということであれば何の問題がないのですが、どんなに注意してもミスは犯してしまいます。

私たちは「ミスがある」という前提に立って、物事を見ないといけないということを忘れてはいけません。通常は出来る限りそうならないように2重3重のチェックして正確性を保つシステムを保っているはずなのですが、残念ながら社会保険庁のお仕事については信頼を損なうようなニュースでいっぱいです。

実際、すでに私の周りではお2人の女性から、
「ねんきん特別便の記録が間違っていたのよ!」
という大変お怒りのお話をいただいております。

それも明らかな間違いではなく、半年間や3ヶ月間の記録漏れであり、ざっと
見ていると気が付かない可能性があったかもということです。

ケース1:半年間の記録漏れ
      →東証1部上場企業(伝統ある有名企業)の関連会社で働いていた期間。
ケース2:3ヶ月の記録漏れ
      →国民年金保険料を収めた領収書があったにもかかわらず。

どうでしょう?

従来漏れがないだろうと考えられていたケースでもこのありさまです。

受け取った「ねんきん記録便」。目を皿のようにして確認してください。

なんといっても、年金記録は未来のあなたへの仕送りですから。。。

/staff (yamashita)

[注]広告はブログの仕様により、本サイトの内容とは関係なく表示されています

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【お知らせ】ホームページのリニューアル

ファイナンシャルプランナー(FP)の山下修一です。

この度、私の事務所・アズ・ユア・プランナーの
ホームページをリニューアルいたしました。

  http://www.ayp.co.jp/

是非、一度ご覧ください。

以前よりも、FPコンサルティングの内容・流れ・そのメリットを
もっと詳しく具体的にご説明しております。

1人でも多くの皆様が気軽にFPという専門家をご活用いただき、
「不安の解消、将来の安心と豊かな暮らし」への近道を発見して
いただければと思います。

それでは今後とも宜しくお願い申し上げます。

/staff (yamashita)

[注]広告はブログの仕様により、本サイトの内容とは関係なく表示されています

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お客様の声を励みに。。(生活設計)

6月は「創業の月」にあたります。

今年で5年目に入りました。

自分で言うのもなんですが、正直ここまで続くとは思いませんでした。

ファイナンシャルプランナー(FP)という専門家がほとんど知られていなかったこと、
その存在やサービス内容が不透明だった(FPの職業的信用が乏しかった)ことで、
1~2年目は本当に反応が鈍く、
 「アメリカとは違い、日本では人生設計やお金の相談は根付かないのか。」
と悲観的に考えてしまっていました。

しかしながら、今から振り返ると、まったくゼロの状態から地道にコンサルティング実績を積んで来られたのです。

これも、ずっとご支持していただいている「お客様」もお陰です。
嬉しいことに顧問契約で2年目以降もご継続していただいている方がほとんどで、
毎年6月になると感謝の気持ちでいっぱいになります。

その間に「FP」という存在がかなり知られるようになってきました。

本日は・・
1年以上お付き合い頂いているお客様からの声(匿名・掲載はご了承頂いてます)を掲載させていただきます。

--------------------------------------------------------
■ご相談内容「今後の生活設計」
 
 4年前、最初に作って頂いた数年先までの家計のシュミレーションは解りやすく、
 その後の指針となりました
 山下さんには当家の様々な課題についても、いつもきめ細かく対応していただいて
 大変助かっています。
 
 (平成16年11月開始 大阪府豊中市 年齢40代 女性)
 
 さらに、息子様(10代)からもいただきました。
 
 わが家は4年前に父を亡くし、母子家庭となり、先行き不明な状態でした。
 その様な中、この4年間、山下さんからは有益な情報を提供してもらったり、
 その他に様々な形で助力していただいて感謝しています。

--------------------------------------------------------
 
■ご相談内容「老後の生活設計」

 老齢社会になり、これから何年生きられ、どれだけの生活資金が必要なのか
 10年・15年・20年とライフプランを作ってもらって、大へん役立ちました。
 
 (平成16年11月開始 大阪府大阪市 年齢60代 女性)

--------------------------------------------------------

■ご相談内容「今後の生活設計」
 
 家計・年金・人生設計など、
 漠然としていたものが数字となり頭の中で整理できました。山下さんから、
 『幸せの感じ方は個人で違って当たり前。他人との比較は意味がないですね。』
 の言葉で主人と一緒に肩の力を抜いて、ゆったりと取り組めたと思います。

 (平成17年3月開始 大阪府大阪市 年齢40代 女性)

--------------------------------------------------------

■ご相談内容「老後の生活設計」
 
 私の老後を良く考えていただき、ありがとうございました。
 今後はこれ[ライフプラン]を参考に自分の年金を考え直したいと思います。
 いろいろありがとうございました

 (平成17年5月開始 大阪府大阪市 年齢50代 男性)

--------------------------------------------------------

■ご相談内容「老後の生活設計」
 
 将来の生活に不安を感じながらもアバウトな生活を送ってましたが、
 山下さんに家計を診断していただいて夫婦共々意識を変える事ができました。
 資産運用のご指導など、山下さんはわが家の家庭教師です。

 (平成19年3月開始 大阪府茨木市 年齢50代 女性)

--------------------------------------------------------

嬉しいお言葉、本当にありがとうございます。

まだまだご紹介できていないものがありますが、このような声を励みにこれからも
 「お客様にとって本当に幸せとは・・」
をいつも念頭において頑張って行きたいと思います。

/staff (yamashita)

[注]広告はブログの仕様により、本サイトの内容とは関係なく表示されています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧